引き続き

  • 2018.06.21 Thursday
  • 01:05



関西地方の皆様、先日の地震は大丈夫でしたでしょうか。
どうぞ何事もなく、健やかにお過ごしくださってますように
心よりお祈り申し上げます。








17日をもちまして、イトノサキさんでの企画展が終了いたしました。
もし、観てくださった方がいらっしゃいましたら
心より感謝申し上げます、誠にありがとうございました。
また、オーナー様、ご一緒させていただきました作家の皆様
濃く楽しく、勉強させていただいた時間をありがとうございました。
またどこかで、ご一緒できますように日々精進したいと思います。


もう少しの間、引き続きストールを紹介してくださる事になりました。
もし、見逃してしまった方がいらっしゃいましたら
どうぞイトノサキさんへ、お運びくださいましたら幸いです。
ご自身にお似合いになる色や素材を探しに
巻き巻きと遊んでいただきましたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。




#イトノサキ #藍 #indigo
#生糸 #silk #天然染料 #naturaldye





イトノサキさんにて

  • 2018.06.16 Saturday
  • 00:58








もう少ししたら
今年も育てた藍の生葉染めの季節となります。
藍を育て始めて、かれこれ10年余り経つのですが
今日は、この藍の種をいただいた方とイトノサキさんで初めてお会いし
嬉しい在店の1日となりました。


イトノサキさんでの展示会も残り明日、明後日の2日間となりました。
お時間ありましたら、ぜひ、お運びくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


「南の風・紅型と自然布」
2018年6月8日(金)〜 6月17日(日)
イトノサキ
色鮮やかで美しい自然を映す紅型の染め
風通る細く繊細な上布のしなやかさ
どこか懐かしく優しさと強さを感じさせる佇まい
南の国の自然から生まれる手仕事に、ふれる時間をお楽しみください。
◇手仕事のお品物 ◇
紅型帯/着物、上布着尺/帯、麻帯、自然布小物、ショールなど
【出品】
琉球びんがた・宮城友紀
上布染織・堀口度子
いらくさ・西川はるえ
草木染織布・下地康子





沖縄タイムス

  • 2018.06.16 Saturday
  • 00:50








数人の方からメールをいただきました。
6月13日の地元の新聞「沖縄タイムス」文化欄にて
開催中の「マブニ・ピースプロジェクト」の記事が掲載され
おこがましいのですが、私の作品も紹介してくださいました。








平和祈念資料館企画室にて23日までです。
お時間ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。


#沖縄 #okinawa #マブニピースプロジェクト #沖縄タイムス





初日に

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 00:53



















南の風・紅型と自然布
イトノサキさんにて始まり
初日にふらりと立ち寄らせていただきました。
宮城友紀さんは沖縄より
堀口度子さんもいらっしゃって
素材や染織のお話が尽きることなく楽しい時間でした。







思いがけず、きものコラムニスト、ブログ「きものカンタービレ♪」の
朝香沙都子さまがお越しくださって
とても豊かな時間となりました。
お時間ありましたら、ぜひお運びくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
15日に、ふらりと立ち寄る予定です。





ひめゆりピースサイトは今日まで

  • 2018.06.10 Sunday
  • 07:15











ひめゆりピースホールサイト
レトロな空間、栄町の中にあるひめゆり同窓会館も
「マブニ・ピースプロジェクト」の会場のひとつとなっており
こちらは今日までの会期となっています。
○ひめゆり同窓会館2階
那覇市安里388-1
13:00〜20:00






石垣克子さんの作品

わになって





空にうたうように





うまれ出づる





花城勉さんの作品













VALUE 2018 HIMEYURI
花城さんの作品を伝って行くと空が広がっていました。
















#栄町 #沖縄 #okinawa
#マブニピースプロジェクト
#ひめゆり会館 #石垣克子 #花城勉
#アート #art





明日から

  • 2018.06.07 Thursday
  • 22:39





明日から
「南の風・紅型と自然布」展が始まります。
先程、イトノサキさんへ搬入させていただきました。
お近くにお越しの際には、お運びくださいましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。










写真のストールは琉球藍で染めた糸をメインに
天然染料で染めた色も入り
素材は、晒し宮古島の手績みの苧麻
カディ綿や生糸が入っています。
巻き巻きしてくださいましたら嬉しいです。





#イトノサキ #染織 #手織り #苧麻
#handwoven #琉球藍 #藍 #indigo
#naturaldye #下地康子 #天然染料
#宮古島 #手績み #ramie




始まりました。

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 00:35




沖縄県立祈念公園内、資料館企画展示室にて
「マブニ・ピースプロジェクト2018」が始まりました。


























クサティムイI(腰当森) 300×75
クサティムイ(イノー) 250×75
クサティムイ(ゆうもよれて) 320×95


それは古来よりの祈り
次の世代から次の世代へと・・・

人が生を受け、この世に生まれ落ち最初に触れるもの
それは母の温もりと自分をおおらかに包む布。
そして、それは人の悠久の時の流れの中で生活と共に寄り添い
人として営みを育む場があり
幼子はそれらに包まれ、安心し育っていく。
祖霊神とは、村の鎮守の神であり、村人からすれば腰当神である。
それが鎮座している御嶽のことをクサティムイ(腰当森)という。
クサティ(腰当)とは、幼児が親の膝に座っている状態と同じく
村人が祖霊神に抱かれ、その膝に坐って腰を当て
なんの不安もなく安心しきってよりかかっている状態の事。
ムイは森の事。
クサティムイを背にし、村が成り立ち
その前には恵み豊かなイノー(リーフ)広がる海があり
仰ぐと美しい空が広がっている。
美しい故郷の原風景。
御嶽のある森を
その前に広がる豊かな珊瑚が広がる海、イノーを
そして、村々を優しく包む空、陽が落ち夜へと向かい行く時間帯を
「ゆうもよれて」とはその時間帯のこと。
沖縄最古の歌謡集「おもろさうし」の中に出てくる美しい響きの言葉。
明日へと続く未来がありますよう・・・
美しいものを見て美しいと感じられる
楽しいことを楽しいと感じられる
平和な世であってほしい。
次の世代から次の世代へと
子が安心して育つ世であるように。




南の風・紅型と自然布

  • 2018.06.01 Friday
  • 11:36




素敵な作品、素敵な作家さんたちと、素敵な企画展に
思いがけずに急遽参加させていただく事になりました。
数点だけの出品となりますが
お近くへお越しの際にはぜひ!お運びくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。













「南の風・紅型と自然布」
2018年6月8日(金)〜 6月17日(日)
色鮮やかで美しい自然を映す紅型の染め
風通る細く繊細な上布のしなやかさ
どこか懐かしく優しさと強さを感じさせる佇まい
南の国の自然から生まれる手仕事に、 ふれる時間をお楽しみください。


◇手仕事のお品物 ◇
紅型帯/着物、上布着尺/帯、麻帯、自然布小物、ショールなど


【出品】
琉球びんがた・宮城友紀
上布染織・堀口度子
いらくさ・西川はるえ
草木染織布・下地康子






平和への灯台

  • 2018.05.31 Thursday
  • 20:25



かの戦争の終結から73年経ちましたが
土を掘れば、処理に後70年近くかかると言われる不発弾が
空を見上げれば、いつ墜ちるかもしれないものが爆音をたて飛び交い
海を見れば、世界有数の生き物たちがすむ珊瑚礁を壊し埋め立て
森を見れば、伐採しヘリポートに…
これが故郷沖縄の現状です。

アートや美術作品の中において
「工芸」の中の染織作品というのは、
もしかしたらメッセージ性は弱いかもしれません…

ここ、摩文仁の地で
「平和と鎮魂」という重いテーマ
そして、初めて参加させていただきます事に緊張していますが
精一杯、今の真摯な想いを表現できましたら、と思っています。
作品を3点出品します。



「ウムイヌティサージ”(想いの手巾)
かつて沖縄の染織文化の中には
身近な人の事を想い織った美しい布があった
それを身に着けると守り神になると信じられていた
布には、そんな力があるのかもしれない
平和な世になりますよう、祈りを込めて織った布が風に吹かれ
灯台の光の如く平和への道しるべとなりますよう…」















平和への灯台 ーThe Lighthouse of Peaceー
沖縄を平和のアートの要石に
マブニ・ピースプロジェクト沖縄2018」
ーM
abuni Peace Project OKINAWA 2018−
6月4日(月)〜30日(土)
平和祈念公園内・沖縄県平和祈念資料館企画展示室


詳しくはマブニ・ピースプロジェクトのフェイスブックページを
ご覧くださいませ。
こちらより→

初日4日(月)、最終日23日(土)には
平和祈念資料館企画展示室にて在展しております。
お時間ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。




オトナギンガム

  • 2018.05.31 Thursday
  • 19:48




麦秋至(ばくしゅういたる)
麦を刈り入れる頃。









今シーズンのオトナギンガムショールが仕上がりました。
素材は綿・生糸、琉球藍やインド藍、育てた藍生葉で染めた糸を使ってます。






categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM