価値観

  • 2012.02.09 Thursday
  • 01:01

 

 黄鶯眼院(こうおうけんかんす)
鶯(うぐいす)の初音が聞こえてくる頃。

そろそろこれからの季節
作業場の窓を開けると、うぐいすの鳴き声が聞こえてきます。
今年も聞こえてくるかな。

今日は満月、明るい夜ですね。


お正月のお雑煮のお話
今頃書いてしまいます・・・

私はお正月の三日間違うお雑煮を作ります。
一日目、関東風すまし汁のお雑煮




二日目、関西風お雑煮
夫が奈良出身で、義理の母に教えていただきました。
関西は丸餅なので、こちらでは探すのに一苦労。
しっかりダシを取った白みそ仕立てです。




そして三日目、私の出身沖縄風。
そもそも沖縄にはお雑煮はないのですが
お祝いの日によく作る「いなむどぅち」を作る家庭が多いようです。
豚肉の塊を茹でて細切りにして使います。
こちらも白みそ仕立て、お餅は入っていません。




日本はタテに長くて
地方により気候も違えば、常識や価値観も違います。
それが、その土地の文化ともいうのでしょうか。
普段は中々気が付きませんが
お正月のお雑煮にはそれぞれの地方色がでて
それが分かり易くとても面白い。
娘にもその面白さを知って欲しくて・・・(笑)
いちいち説明はしませんが、さりげなく母の思惑です。
忘れてくれてもいいのですが
大人になったときに、ふと思い出してくれたなら・・・。
そして、それぞれの文化を大切にしてほしい。

親子でも、夫婦でも価値観は違うもの。
自分の価値観を無理やり押し付けることはあまりいいことではなく
またでしゃばり過ぎても、その人の成長を妨げてしまう。
尊重し合いながら、ほどよく距離間を保つことが
ベストな人間関係を構築できることなのかもしれません。




たかがお雑煮、されどお雑煮
お雑煮一つからもいろいろと考えてさせられてしまいます・・・








コメント
美しい。。。。
「いなむどぅち」もオシャレなお料理に見えます(笑)

娘さんがお母さんになったときに聞いてみたいですね。
『お雑煮は、何(どこ)風ですか?』
  • midori
  • 2012/02/09 9:47 AM
>midoriさん
コメントをありがとう。
「いなむどぅち」、オシャレに見える!?(笑)
沖縄では「中身のお吸い物」もお祝い用に作ると思いますが
こちらの方が簡単なので、私はここではこちらの方を作ります。

さぁ〜、娘は何と答えるでしょうか・・・(^^)
覚えてないかもしれないし、
新たなお雑煮(お嫁の行き先!?)になっているかもしれません。

いろんな(国によっても違いますね!)価値観や常識を
面白がり、楽しめる子になって欲しいなぁ、と思います。
自分自身もそんな風になりたいですね(^^)

  • URIZUN 下地康子
  • 2012/02/10 7:46 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM