黄檗 2

  • 2018.01.06 Saturday
  • 15:06







黄檗染
奈良時代、仏教の伝来によりおびただしい数の経巻が作られたそうです。
正倉院宝物の記録にもあるとのこと
経典の写経には、防虫効果、また墨の線が生きるとの理由で
多くを黄檗で染められた手漉き和紙を使っていたそうです。

黄に墨の黒、なんて美しいのだろう、妄想が膨らみます…
という事で1度染めてみたかったのです、黄檗色の紙を。
夫が奈良出身(どうでもいい事ですが)という事もあり
奈良の吉野杉の間伐材の手漉和紙を名刺に使っています。
それがちょうど切れたところでしたので黄檗で染めてみました。
1枚ずつ違う仕上がり、アナログな名刺ですがしばらくはこの色で。。




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM