センス・オブ・ワンダー

  • 2018.09.07 Friday
  • 01:24

 

 

この度の台風、そして地震…

早く元の穏やかな日々が戻りますように

心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

グループ展のご案内です。

那覇からは少し遠いのですが、お時間ありましたら是非!

また、観光のおついでにお運びくださいましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

センス・オブ・ワンダー Sense of Wonder

芸術と科学に架ける7つの橋

Seven Bridges over Art and Science

 

沖縄科学技術大学院大学 

Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST)

9月27日(木)〜 10月17日(水)9:00 〜 17:00 (入場無料)

トンネルギャラリー / センター棟C階廊下

 

参加アーティスト

壹岐幸二(陶芸)・木内小織(染織)・金城有美子(陶芸)・下地康子(染織)

城間弘子(紅型)・前田直美(紅型)・与那覇大智(絵画)

 

公開トーク

「七色の橋を渡る」"Crossing the 7 Bridges of Color"

9月29日(土)14:00〜16:30

場所 Venue : C210

 

 

 

 

センス・オブ・ワンダー

ー芸術と科学に架ける7つの橋ー

 

【内なる自然を取り戻すために】

― 子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、

様々な情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。

―レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』より

 

わたしたちは自然の一部だ。

自然は、地球環境と生命同士のコミュニケーションがつくる、壮大で複雑なネットワークだ。

また生命自身が、細胞同士のコミュニケーションそのものでもある。それは「内なる自然」といえるだろう。

わたしたちは自然の一部であると同時に、その内に自然を宿しているのだ。

 

芸術は、自然の恵みの似姿だと思う。

自然の恵みに ― 時には災厄にすら ―  美しさを見いだすのは、

人間が自然の一部であることを忘れないためのメッセージなのかもしれない。

 

― わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること ―

 

たとえそれが恵みであれ災厄であれ、命あるものは自然の中の一員としてそれを受けとる。

自然の系(システム)の動的な維持に寄与する限りにおいて活動が許される。

その矩を越えて暴走すると、システムを破壊してしまう。

 

近・現代において、人類が作った「文明」という別のシステムが、加速度的に暴走した。

その結果、自然のシステムは深刻に破壊されてしまい、わたしたちの「内なる自然」さえも脅かされている。

 

私たち7人の表現者は、共に自然の一部であることを自覚し、

自然に背く現在の文明に加担していることを内省し自然に学ぶことを志向している。

 

染織、紅型、陶芸、絵画と異なる作品をつくる私たちは、本展に臨むにあたって、

海洋生物学者で作家のレイチェル・カーソンの著書『センス・オブ・ワンダー』の、

「自然の神秘や不思議さに目を見張る感性」を紐帯とした。

 

人間の感性は「内なる自然」のひとつであり、「Sense of Wonder」は人間の外なる自然と内なる自然の共鳴であるといえる。

その共鳴は、時に芸術作品として表現され、また科学的探求の末にたどり着いた真理としても表現される。

表現として、両者は等価だと思う。

 

レイチェル自身がそうであるように、かつて芸術と科学にまたがって表現した者は、

レオナルド・ダ・ビンチや王陽明をはじめ、洋の東西を問わず多くいた。

しかしいつの間にか、両者は遠く隔たってしまったように見える。

この隔たりは、文明が暴走し、自然を破壊しているひとつの要因をなしているように思う。

隔たりを小さくすることはできないだろうか。

 

私たちはここに7つの橋を架ける。

 

沢の生き物たちに配慮して、橋脚をなくした構造物になったOISTのスカイウォークが、

科学と自然の隔たりをつなぐ天空の架け橋であるように、

私たちの橋が、芸術と科学の間に渡した感性の虹の架け橋でありたいと願っている。

その橋の上で、わたしたちは共に、「内なる自然」と再び出会いたいと思う。

 

 

Sense of Wonder

- Seven Bridges over Art and Science

 

【To regain our inner nature】 

 

-If facts are the seeds that later produce knowledge and wisdom, then the emotions and

the impressions of the senses are the fertile soil in which the seeds must grow.-

                                  “Sense of Wonder” by Rachel Carson

 

We are part of nature.

Nature is a magnificent and complex network of communication generated by the earth’s

environment and the lives living on her. Furthermore, one can even say that life itself is

the communication of biological cells to one another, which we can call “inner nature.” 

Therefore, we are a part of nature and at the same time, we host inner nature inside ourselves.  

 

I believe art is a portrait of nature.  The reason we human beings find beauty in nature,

even in times of disaster, may come from the message for us not to forget the fact that

we human beings are part of nature.  

 

-  Moving away from nature, our source of power -  

 

Whether it is a blessing or disaster of nature, we, all the living beings as a part of nature,

take it as granted.  Meanwhile, we are allowed to carry out our activities only when they contribute

to the dynamism of nature.  If we go beyond the limit of the laws of nature and run away,

we would end up destroying the very system of nature.

 

In modern times, a system created by mankind called "civilization" raged in accelerated manners. 

As a consequence, the system of nature has seriously been destroyed, threatening

even our own “inner nature.”  

 

We, the seven expressionists who have gathered here, have become conscious of us being part

of nature, and shall aim at learning from nature, reflecting on ourselves having been accomplices

of contemporary civilization which goes against nature.   

 

For our current exhibition with different art works including textile dyeing, Ryukyu bingata,

pottery, and paintings, we decided our binding theme as, “Sense of Wonder,” depicting

the eye-opening sensibilities at the various mysteries and wonders of nature, taking after

the book title by the famous author and marine biologist, Rachel Carson.

 

Human sensibility is one of the "inner natures," and "Sense of Wonder" could be a resonance

between the external and internal nature of human beings.  The resonance could be at times

expressed as art work or expressed as the truth that could also be reached at the end of

scientific journeys.  We believe art and science are equivalent in each form of expression.  

 

As Rachel herself was one of the prominent examples, both in the East and the West, numerous

historical figures had pursued their ways of expression across the fields of art and science,

including Leonard Da Vinci and Wang Yanming.  However, during the passage of time,

art and science have been diverged far away from one another.  Can’t we make the distance

between the two smaller?  

 

Now we have built seven bridges here.  

 

We hope that our bridge will connect art and science through a rainbow of sensibilities, taking

after the unique structure of OIST Sky Walk, where the pillars of the bridge had been eliminated

considering the preservation of creatures living in the swamps underneath.  Someday, over the bridge

of our rainbow, we would dream on reencountering our inner nature once again.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM