手わざー琉球王国の文化ー

  • 2020.02.03 Monday
  • 08:54

 

 

 

気持ちの良いお天気、おはようございます。

展覧会のご案内です。

         去年取り組んで納めさせていただいた衣装も展示されます。

どのように仕上がっているのか今からどきどきわくわくしているところです。

ぜひ、ご高覧くださいましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

国宝・琉球国王尚家関係資料の一つ「紫地段鋸歯繋ぎ文様花織衣装」は

琉球最後の国王「尚泰王」が着用されたものです。

花織表地は恩師である祝嶺恭子先生はじめ祝嶺織物研究所の皆さま、及び首里織の皆さまが制作され

私はその裏地(素材はwool)制作を担当させていただきました。

 



琉球王国文化遺産集積・再興事業博物館特別展 
手わざー琉球王国の文化ー

2月4日(火) 〜 3月15日(日)
沖縄県立博物館・美術館
9:00〜18:00(金・土は20:00まで) 
入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日(ただし2/24(月)は開館)

メンテンナンス休館(2/17(月)〜2/21(金)、2/25(火)

解き明かされる手わざ。蘇りし琉球の美。
琉球王国時代から相伝する8つの手わざ( 絵画、木彫、石彫、染織、漆芸、陶芸、金工、三線)

の模造復元から得られた情報と作品を通じ

琉球王国の豊かな「手わざ」の素晴らしさと、琉球の美意識の世界を紹介します。



琉球王国文化遺産集積・再興事業とは
近代化や戦争で失った美術工芸品を製作する手わざ(技術等)を

科学分析等の最新研究による情報をもとに模造復元し、さらには王国文化として発信する事業です。
平成27年度より実施設計を行い

平成28年度より8分野(絵画、木彫、石彫、漆芸、染織、陶芸、金工、三線)

65件の資料を模造復元製作しています。昨年度まで36件が完成しました。

この度、完成した作品を中心に特別展を開催します。
琉球王国としての歴史と文化を有していた沖縄県は

明治以降の近代化や、先の沖縄戦において多くの有形無形の王国文化遺産を消失してしまいました。
「琉球王国文化遺産集積・再興事業」は現代沖縄の手わざの力を結集して

世界に誇ることができる王国時代の文化遺産を蘇らせました。

その成果を本展覧会でお披露目します。

 

 


詳細はこちらで↓
沖縄県立博物館



#沖縄 #okinawa #染織 #handwoven
#着物 #kimono #工芸
#復元 #restore #下地康子
#沖縄県立博物館 #museum
#手わざ琉球王国の文化

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM