「イロとカタチ」展

  • 2018.05.18 Friday
  • 00:32







協力作家としての参加でしたので
失礼ながらSNSだけでのご案内だけでしたが
ヒナタノオトさんでの「イロとカタチ」展
13日をもちまして終了いたしました。
足を運んでくださった方がいらっしゃいましたら
感謝申し上げます、ありがとうございました。
お客様が大変多かった初日、ふと途切れた時間があり
かおりさん、ピアさん
そして稲垣さんはじめスタッフの皆様の
温かい空気感が流れていたからでしょうか…
ふつうなら躊躇してしまうような心の奥深くにあるものの事を
自然とお話しできましたことは、とても不思議な出来事でした。
今後も心に残るような会でしたので
終わってしまい少し寂しい想いもあるのですが
布とお茶を巡る旅」blogの浅井さんが紹介してくださり
改めてじんわりとしているところです。










ヒナタノオトさんのご好意で
今月いっぱいストールを紹介してくださることになりました。
おついでがありましたら手に取ってくださいますと幸いです
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。







余韻

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 18:04





ホッとするやら、次へと緊張するやら…
少し余韻も楽しんでいるところです。








国展、昨日をもちまして無事に終了いたしました。
お忙しい中をお越し下さり
御高覧いただきまして誠にありがとうございました。
白く高い壁、広い空間、その中での作品との対話は
普段の制作では見逃している大切な事を諭されるような
毎回そう感じ、身が引き締まる思いです。
やはり今回も、今後の課題に気付かされましたので
それを普段の制作にも繋げ、日々精進して参りたいと思います。
成長をどうぞ見守ってくださいましたら幸いです
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。




糸巻き

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 07:20









「ケ」の日、の一コマ。
糸と向き合う時間は
ホッとする幸せな時間です。




柚木沙弥郎展

  • 2018.05.06 Sunday
  • 08:55







わっ!カッコイイ!
つい、声を出してしまいました。
柚木先生、御歳95歳だそうですが
国展に御出品されている古布に染められた新作は
モダンで美しく、若々しく…
こういう事なのでしょう
説明なんていらずとも一目で惹き込まれてしまう作品って





















民藝館での展覧会も見応えあり、時を忘れ魅入ってしまいました。
このような布を織る事ができたなら…
足りないもの、削いでいくものはなんだろうか…
頭を整理し、これからの事を思考する大切な時間となりました。





国展

  • 2018.05.04 Friday
  • 05:56





















クサティムイIII (ゆうもよれて)
約320×95センチ
祖霊神とは、村の鎮守の神であり、村人からすれば腰当神である。
それが鎮座している御嶽のことをクサティムイ(腰当森)という。
クサティ(腰当)とは、幼児が親の膝に座っている状態と同じく
村人が祖霊神に抱かれ、その膝に坐って腰を当て
なんの不安もなく安心しきってよりかかっている状態の事。
ムイは森の事。
クサティムイを背にし村が成り立ち
その前には恵み豊かなイノー(リーフ)広がる海があり
仰ぐと美しい空が広がっている。
美しい故郷の原風景。

国展へ出品させていただいる作品です。
「クサティムイ」という題での三作目
一作目は御嶽のある森をイメージした作品
二作目はその前に広がる豊かな珊瑚広がる海(沖縄ではイノーと言います)を
そして今作はその村を優しく包む空
陽が落ち夜へと向かい行く時間をイメージしました。
「ゆうもよれて」はその時間帯の事
沖縄最古の歌謡集「おもろそうし」の中に出てくる言葉で
響きが美しいと感じ題としていただきました。




















展覧会のご案内

  • 2018.04.30 Monday
  • 12:19

 

 

 

 

新緑が眩しく美しい季節となりました。

今年も5月2日より国立新美術館にて国展が始まります。

お時間ありましたら、ぜひ、ご高覧くださいませ

どうぞよろしくお願いいたします。

 

*会場には5月2日(11:00〜)、4日(12:00〜20:00)

5日(11:00〜係りの仕事で出たり入ったりします)

最終日14日(12:00〜)に在展予定です。

 

 

 

第92回 国展

*会場:六本木 国立新美術館

*会期:2018年5月2日(水)〜5月14日(月)※5月8日(火)休館
*午前10時〜午後6時(金曜日は午後8時まで・入場は閉館の30分前まで)
最終日は午後2時閉会(入場は閉館の1時間前まで)

*入場料:1,000円(学生以下無料)
館内企画展入場料割引き500円

web割引はこちらより→ 
5月7日(月)は無料

*イベント:・5月5日(土)トークイン「聞こえますかアートの声」

13時30分〜15時40分 国立新美術館展示室
・5月3日(木・祝)第92回国展シンポジウム 13時〜16時30分 国立新美術館3F講堂
有志による自然保護・社会奉仕のためのチャリティー(東京会場のみ)

 

巡回展:名古屋展 名古屋市博物館 5月29日(火)〜6月3日(日)
大阪展 大阪市立美術館 6月12日(火)〜6月17日(日)

主催:国画会

後援:NHK厚生文化事業団(公財)/ 日本自然保護協会

 

 

 

 

 

 

イロとカタチ

  • 2018.04.29 Sunday
  • 10:19











イロとカタチ
宇宙の営みの鼓動を感じられながら
その営みの一部のように生み出されるイロやカタチ。
昨日のギャラリートーク
心が洗われるような豊かな時間でした。














作品、お話、そして、すっかりお人柄に魅入ってしまい
写真を撮り忘れてしまいました。
画像はヒナタノオトさんのブログより頂戴しました。











今日からです

  • 2018.04.28 Saturday
  • 09:34






今日から始まります








おはようございます。
久しぶりにぐっすり、すっかり寝坊してしまいましたが
清々しい快晴の青空が広がる朝です。
昨日、ヒナタノオトさんへ無事に搬入させていただきました。
青いドアを開くと、数珠さんピアさんお二人は展示の思案中
「どう美しく観てもらえるか」という事なのでしょう
少しピリッとした空気感。
稲垣さん本間さんはじめ
ヒナタの皆さんはいつもの温かい笑顔で迎えてくださいました。
まだちらっと拝見でしたが
富井さん、上田さん、矢尾板さんの作品も素敵なものばかり
今日じっくり拝見させていただく事が楽しみです。

きっと、いつもとは少し違う風が流れているヒナタノオトさん
ぜひお運びくださいましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。









手績み苧麻のストール

  • 2018.04.28 Saturday
  • 09:30





宮古島産手績み苧麻シリーズです。

















手績み苧麻のストール

  • 2018.04.27 Friday
  • 00:25







宮古島産手績み苧麻のストール
生糸や手紡ぎの木綿、カディ200番を織り交ぜて
凸凹面白い1枚に仕上がりました。






















categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM