今日からです!

  • 2017.07.01 Saturday
  • 08:03





2人展今日からです!
午後5時よりオープニングパーティーもあるそうで
母の実家で作っている泡盛「沖の光」10年物のクースを持っていきます。
どなたでも参加できるようなのでお時間ありましたら、ぜひぜひ!










オトナギンガム
ヨコ糸には手紡ぎのカディ200も使い
なかなか良い感じに仕上がりました。
巻き巻き遊んでくださったら嬉しいです。




なんとか。。。

  • 2017.06.30 Friday
  • 06:08



ラスト、なんとか織り上がりました。
これからねじねじ房作りと仕上げ作業です。







昨日SMLさんに第2便を送って
これは手持ちで当日搬入させてもらう事に。。
ワガママいっぱい、有難い事です。






先日、オーナーの宇野さんはじめスタッフの皆さんが
作業場を見学にいらっしゃって
その時のレポートを丁寧に書いてくださいました。
よろしければSMLさんのHPをご覧くださいね。

ホームページはこちら →





好きですか?黒

  • 2017.06.29 Thursday
  • 23:30






黒は好きですか?
黒が好きです。





黒の模紗織のストールが仕上がりました。













夏ストール

  • 2017.06.22 Thursday
  • 07:28





2人展まであと少し
ぎりぎりまで頑張ります。





市松の透かしの夏ストール
写真は3色ですが5色展開しています。
























次へ

  • 2017.05.28 Sunday
  • 09:40









次へと手を動かしています。
7月1日より中目黒SMLさんにて
ガラスの平岩愛子さんと2人展です。
初めてのSMLさんでの展示会
またまた引きこもり
緊張の日々ですが頑張ります。





展示の様子

  • 2017.05.27 Saturday
  • 16:43






有難いことに、ほぼお嫁にいってしまいましたが
一部、展示初日の様子です。









手績み苧麻シリーズ



















琉球藍オトナギンガムシリーズ






















少々苧麻糸を

  • 2017.05.11 Thursday
  • 23:55










やっと 織り上がりました。
手績みの苧麻、気持ち分だけ ほんの少し入ってます。

巻き巻き、遊んでいただけましたら!嬉しいです



クサティムイ

  • 2017.05.07 Sunday
  • 08:05






国展出品作品です。




クサティムイ(腰当森)

祖霊神とは、村の鎮守の神てあり、村人からすれば腰当神である。
それが鎮座している御嶽のことをクサティムイ(腰当森)という。
クサティ(腰当)とは、幼児が親の膝に座っている状態と同じく、
村人が祖霊神に抱かれ、その膝に坐って腰を当て、
なんの不安もなく安心しきってよりかかっている状態の事。
ムイは森の事。クサティムイを背にし村が成り立ち、
その前には恵み豊かなリーフ広がる海がある。
美しい故郷の原風景。




自分ではよく分かりませんが、
作風の中で色の事を褒めていただく事が多く、
でもそれは才能ではなく、生まれ育った環境、
美しい海や空、森や風、眩しく明るい光、香り…
それが心に焼き付いており、
それをただ糸に染めているだけの事です。


戦後70年近く、戦争で焼きつくされた自然がやっと
元の姿に戻ろうとしているところ、
木々が生い茂る森やサンゴの森を壊し、
高江のヘリポート建築や辺野古の基地工事が始まっています。
それは自分をも壊されているようで張り裂けそうな気持ちになります。
観光地だけが脚光を浴びる沖縄ですが、
蓋を閉めて見たくない部分もある事も…知ってほしい。
そして、安心して寄り添って生活できる美しい自然を壊さないで、とも。










少しでも、そんな想いにも寄り添っていただけましたら、幸いです。








追い込み

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 00:05




霜止出苗(しもやんでなえいずる)
霜が降りなくなり、苗が育ってくる。








来月の個展へ向けて追い込みの日々です。
中々思い通りに作業が進まず胃が痛い…
17日から南青山のギャラリーcomoさんでさせていただきます。
詳細は改めて書きますね。
どうなることやらですが
いつものようにぎりぎりまで手を動かしたいと思います。




さくら、サクラ、桜

  • 2017.04.21 Friday
  • 08:23





葦始生(あしはじめてしょうず)
水辺で葦が芽を出し始める頃。







春の嵐で桜は散ってしまいましたが
月桃やシャリンバイ、桜の樹皮で染めた桜色
春ストールが織り上がりました。




categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM